今月のかめ

2015年 皐月のかめ

屋久島の東シナ海展望所かめ

ひょんなことから、屋久島に行くことになった。屋久島にやってくる旅行者の多くは、長年の憧れの果てにようやく行くことを決心し、休みを取り、入念に準備をして挑む場合が多いようなのだけど…筆者の場合、月末でシゴトを辞めることを決めた3月下旬に、

  1. 某SNS内に表示されていた某LCCのバナー広告をうっかりクリックする
  2. サイト内でセール広告を見つける
  3. 名古屋発着のセール商品のなかに、たまたま鹿児島行きの便があった
  4. 鹿児島といえば、開聞岳とかあったなー
  5. イヤイヤ、屋久島もあるじゃん!そうだ!屋久島へ行こう\(^O^)/

という具合に屋久島行きが決まった次第。メインの目的である宮之浦岳縦走を終えた後、バイクをレンタルして島を一周した。その道中、島の北西部の景勝地で、このかめたちを発見。

はっきりした地点はよくわからないが、島の西側のこのへん(google map)。夕日を見るのに良い地点らしい。

因みに、この地点の少し南にある永田浜は、我が国有数のウミガメの産卵地とのこと。5月中旬から7月にかけて観察会が行われているそうだ。筆者が泊まったゲストハウスのおじさんによれば、ウミガメは警戒心が強いため、少しでもヒトの気配を感じると砂浜に上陸しないのだが、産卵が始まると逃げるに逃げられなくなってしまうので、観察会はこの機に乗じて行われるらしい。そしてヒトビトは、かめに触ったり、タマゴに触ったりするそうな。

え?なんかヒドくね(^_^;)?

ところで、しまの名物食材として「カメノテ」なるものがある。これはフジツボの仲間なのだが、見た目がかめの手(脚)にそっくりなので、こう呼ばれているらしい。大のフジツボ好き(!)の知人、やっこちゃんによってそういう知識をもたらされていたので、屋久島に行ったら是非食べてみようと思っていた。なので、ランチタイムにうっかり入ったお寿司屋さんのサイドメニューにあるのを見つけるや、即注文。ただし、お酒も飲めないのに(バイクだからね)アテみたいなものをガツガツ食べられないので、ハーフにしてもらった。にしても、結構な量(右上のちっちゃい写真)。味は、ビミョウ…。

参考サイト:屋久島 東シナ海展望所

かめグッズタイプ:
彫刻
提供者:
自分
かめコレ増やしマニアタイプ:
A旅行型
かめコレ増やしマニア度:
-
「今月のかめ」登場係数:
-
2015年皐月のかめ01
2015年皐月のかめ02
2015年皐月のかめ03
2015年皐月のかめ04

トップへ戻る

  • このサイトについて
  • かめと私
  • 「今月のかめ」用語の基礎知識
  • お問い合わせ
  • 今月のかめ